未分類

デンタルフロスの使い方や効果は?悩みを解決してきれいな歯を目指そう!

デンタルフロスは知ってるけど、使い方や効果が分からないという方も多いのではないでしょうか?

デンタルフロスは歯と歯の間にはさまった食べ物を取るだけではなく、歯垢を取り除き、虫歯や歯周病予防につながります!

デンタルフロスの使い方を理解して悩みを解決し、きれいな歯を目指しましょう!
デンタルフロスの使い方や効果をご紹介していきます。

デンタルフロスはどのような効果が期待できるの?

デンタルフロスの使い方や、どのような効果が期待できるのか分からないため、使ったことがない方も多いのではないでしょうか?

デンタルフロスの効果は、歯ブラシでみがいただけでは落とすことができない、歯と歯の間にたまっている歯垢を取り除くことができます。

毎日、歯ブラシで歯をきれいにしてるつもりでも、歯垢が取れていないなんて悲しいですね。

デンタルフロスを使って、よりきれいな歯を手に入れることができるのは、うれしいですね。

デンタルフロスは、どのような効果が期待できるのか、ご紹介していきます。

虫歯や歯周病を早く発見できる

虫歯や歯周病を、早期発見できる効果が期待できます。
歯と歯の間がザラザラとしたり、歯の表面が引っかかったりした場合、虫歯や歯周病の可能性があります。

デンタルフロスを使っていて、違和感を感じたときは、すぐに歯医者に行き、受診することをおすすめします。

虫歯がまだ、できたてだった場合は、治療も早く終わり歯医者さんに通う期間も短くなるのがうれしいですね。
何度も通うのは本当に時間も手間もかかってしまったり、痛みを伴うのが嫌ですよね。
虫歯のない、きれいな歯を手に入れる役割を果たしてくれるのが魅力的です。

口臭予防もできる

デンタルフロスを使うと、口臭の予防もできるのがうれしいポイントです。
口臭の原因と言われているのは、歯の間にはさまった食べ物が臭いの原因になっています。

歯の間に食べ物がはさまっているなんて、よく考えたら恐ろしいですよね。
寝ている間に菌が増殖していると考えると恐怖です。

歯と歯の間にはさまった食べ物を、歯ブラシで取り除くのは難しく、きれいになったと思っていても取り除けていない場合が多いです。

食べ物を取り除くことができないでずっと口の中に残り、食べ物が積み重なって雑菌が繁殖して発酵し、臭いの原因となる場合もあります。

口臭を予防するためにも、デンタルフロスを使って食べ物をきちんと取り除くことが大切ですね。

歯に入れている詰め物などの状態をチェックできる

デンタルフロスを使うと、歯に入れている詰め物や被せ物などをチェックできるのがうれしいポイントです。

デンタルフロスを使うことで、歯と歯の間に入れたときに詰め物や被せ物がグラついてしまうという状態にすぐに気付くことができます。

さらに、デンタルフロスの糸が切れてしまったり、引っかかったりした場合、被せ物が外れそうな状態のため、気付くことができてうれしいですね。

デンタルフロスが臭う原因は?

デンタルフロスを使っていて臭いが気になった方も多いのではないでしょうか?
デンタルフロスが臭う原因についてご紹介していきます。

虫歯が原因?

デンタルフロスが臭うときは、虫歯の可能性があります。

ミュータンス菌という虫歯菌が原因で臭いを発している場合もあるため、菌を取り除くことが大切です。

菌は一度住み着くと除去するのが難しいと言われており、食事を取ると酸を出して歯を溶かすという恐ろしい菌です。

菌を減らすには、口の中を清潔に保つ必要があるため、歯ブラシやデンタルフロスを使って口内環境をきれいに保ちましょう。

歯周病が原因?

歯周病が原因の可能性もあります。
歯周病になってしまうと歯肉が充血していくので、デンタルフロスが触れた刺激で血がでてしまうこともあります。

また、歯茎の周辺には菌が住み着いていて、その菌が歯周ポケット内で増えてデンタルフロスに付いてしまい、臭いを発生させています。
その場合は歯周病を疑い、歯医者に行くことが大切です。

歯垢がたまっているの?

歯垢がたまり、臭いが発生している可能性もあります。
虫歯や歯周病になっていなくても臭うこともあり、歯垢がたまっていて臭いが発生している可能性が高いため、虫歯や歯周病にならないためにもしっかりと歯垢を取り除くことが大切です。

歯垢がたまって歯石になってしまう可能性もあり、歯石になった場合は歯ブラシやデンタルフロスで取り除くことが難しいため、歯医者さんに通う必要があります。
歯医者さんに行く手間を省くためにもしっかりと歯垢を取り除きましょう。

デンタルフロスの疑問を解決しよう!

デンタルフロスを使いたいけど不安や疑問があって使いにくいという方も多いのではないでしょうか?
デンタルフロスの疑問と答えをご紹介していきます。

歯の間に隙間が広がらないの?

歯の間に隙間が広がらないのか心配している方も多いでしょうが、歯の間に入れたくらいでは、歯は動くことはないので、安心して使用できます。
隙間が広がったと感じた方はいいことで、歯垢がとれたということでもあります。

歯医者さんで歯垢をとってもらうと、歯が削れたのではないかと心配になるくらい隙間が開くことがありますよね。
それと同じでデンタルフロスを使って歯垢がきちんと取り除けたということになるため、心配いりません。

また、歯茎が炎症を起こしていた場合は、腫れが引いて正常な状態に戻ると体積が減って見えることもあります。

出血していいの?

デンタルフロスを初めて使った日など出血してしまうことが多いのです。
しかし、最初の何日間かだけで数日経つと出血しなくなることが多いので、心配はいりません。

ただし、力の入れ過ぎで歯茎を傷つけ出血してしまった場合は、2,3日は使用を中止して様子を見るようにしてください。
何日たっても出血してしまう場合には、歯周病の可能性もあるので、歯医者さんにチェックしてもらいましょう。

デンタルフロスが簡単に抜けるのはいいの?

普段から使用していると、一部分だけデンタルフロスが簡単に入れたり抜いたりできる場所もでてくるかと思います。
デンタルフロスが、スッと簡単に抜けるのは、歯に隙間が空いているということで、その状態を俗にすきっ歯といいます。
こうなると食べ物がはさまることが多く、歯垢がたまりやすく虫歯になる可能性も高まります。デンタルフロスを使い重点的にきれいにすることで、予防ができるのでおすすめです。

また、一度歯科治療を受けた箇所に隙間が空いていると、何か問題が起きている可能性もあるので歯医者さんにチェックしてもらいましょう。

デンタルフロスは使い捨てがいいの?

もったいないから洗って何度も使いたいと思う方も多いのでしょうが、デンタルフロスは使い捨てるようにしましょう。

使ったデンタルフロスに菌が付いている可能性もあり、菌が増えたデンタルフロスをまた使うときれいにしようと思っていた歯に菌が付いてしまい、汚れてしまいます。

衛生面を考えてもデンタルフロスは使い捨てる方がいいので、使ったデンタルフロスは捨てるように心がけましょう。

デンタルフロスと歯磨きの順番は?

順番は、デンタルフロスの後に歯ブラシを行いましょう。

デンタルフロスを行って歯と歯の間にはさまった歯垢を取り除いたあとに、歯磨きを行うとさらに汚れを取り除くことができます。

効率的に口内環境をきれいにするためにも、デンタルフロスから行い、そのあとに歯磨きをしましょう。

毎日使った方がいいの?

デンタルフロスは毎日使用することがおすすめです。

毎日行うことで、歯と歯の間にはさまった食べ物や歯垢を取り除くことができるので、毎日使ってきれいな歯を目指しましょう。

デンタルフロス、歯間ブラシ、糸ようじの違いは?

結論からいうと、この3つにあまり違いはありません。

デンタルフロス:左右の人差し指に糸を巻き付けて、歯間をきれいに。
糸ようじ:プラスチックの部分を持ち、歯間をきれいに。
歯間ブラシ:上からではなく横から歯間に差し込んできれいに。選び方が重要。

このように歯間をきれいにするというのは、全て同じですが、歯間ブラシだけは歯の間に入れる方法が違います。
また、歯間ブラシを使用する場合にはその選び方にも注意が必要です。きつ過ぎず・ゆる過ず、丁度合うものを使用してください。
さらに歯間ブラシは歯周病予防が目的のため、歯茎が下がり始めた方にもおすすめです。

デンタルフロスの使い方とおすすめポイントが知りたい!

デンタルフロスは、糸巻タイプとホルダータイプの2種類あります。
どちらの方が自分に合っているのか、使い方が分からないという方も多いのではないでしょうか?

糸巻タイプとホルダータイプのデンタルフロスの使い方をご紹介していきます。

糸巻きタイプのフロスのメリットと使い方は?

糸巻タイプのデンタルフロスの使い方のメリットと使い方をご紹介します。

糸巻きタイプのフロスのメリット

糸の長さを調整して使用できるのがおすすめです。

使いたい分だけ使用できるので、経済的で魅力的ですね。
さらに、コンパクトサイズなので持ち運びしやすく、外出先でも使用できるのがおすすめポイントです。

糸巻きタイプのフロスの使い方

約40センチ引き出し、糸の両端を数回左右の中指に巻き付けて糸が約10センチになるようにします。

左右の人差し指で糸をつまみ、ピンと張るように持ち、歯と歯の間に入れて前後させ、きれいにします。

奥の歯もやりやすく、きれいにできるのが魅力的なポイントです。

ホルダータイプのフロスのメリットと使い方は?

ホルダータイプのデンタルフロスのメリットと使い方をご紹介します。

ホルダータイプのフロスのメリット

持つ場所があるので、デンタルフロスを使ったことがない方も使いやすくておすすめです。

子供でも使いやすいデザインになっているので、小さい頃からデンタルフロスに慣れることができ、歯垢を残さないようにできるのがうれしいですね。

ホルダータイプのフロスの使い方

プラスチックの部分を持ち、歯と歯の間に入れて前後に動かしてきれいにします。
歯と歯の間についている歯垢を落とすイメージできれいにしましょう。
ポイントは、歯の根元部分まで下ろし、糸で両サイドの歯の表面を磨くようにします。

ホルダータイプの注意点は、糸が太くなっている商品が多いため、入れても引き抜くのが難しい場合があります。
無理やり引き抜くのではなく、ゆっくりと動かして引き抜くようにしましょう。

デンタルフロスを使うときのポイント①歯の表面を磨く

歯と歯の間にはさまったものを取り除くことよりも、歯についた歯垢を取り除くことです。

デンタルフロスを歯の表面にそって磨くことで、歯に付いた歯垢を取り除けます。
そのため、歯と歯の間に糸を入れて、引き抜くだけでは意味がありません。

歯と歯の間にデンタルフロスを入れたら、しっかりと歯の表面を磨くように動かしてみがくようにしましょう。

デンタルフロスを使うときのポイント②歯肉溝の中まで入れる

歯肉溝の中まで入れることがおすすめです。
歯肉溝の中まで入れると痛そう、血が出そうと感じる方も多いでしょう。

しかし、歯茎の中にデンタルフロスが入り込んでも痛みは感じません。
デンタルフロスをしっかりと歯肉溝の中まで入れて歯肉溝に入った歯垢を取り除くことが大切です。

デンタルフロスのおすすめ商品

デンタルフロスのおすすめ商品をご紹介していきます。

サンスター ガム・デンタルフロス ワックス

糸がふくらみ、歯と歯の間や、歯茎の間にやさしくフィットする設計になっています。
歯の表面をしっかりと磨くことができてうれしいですね。
歯の間に入れやすいワックスタイプです。

REACH(リーチ) リーチデンタルフロス

歯と歯の間に入れやすいワックスタイプのデンタルフロスです。
極細の糸で使いやすく、やさしく歯垢を取り除くことができます。
デンタルフロスを初めて使う方や、歯と歯の間がせまい方におすすめです。

クリニカ アドバンテージスポンジフロス

ワックスタイプのデンタルフロスで、歯と歯の間に入れやすくおすすめです。
唾液や水分を含むとふくらむようになっているため、歯茎にやさしく、使いやすいです。

まとめ

デンタルフロスを使うことで、虫歯や歯周病予防もできます!

デンタルフロスを使用して、歯の表面をしっかりと磨き、歯に付いた歯垢を取り除きましょう。

使い方も簡単で効果も期待できるデンタルフロスはとてもおすすめです!

虫歯や歯周病に悩まされないきれいな歯を手に入れましょう!

監修者プロフィール


医療法人社団スタデン理事長
田中和之

“確かな技術・痛くない・待たせない・丁寧な説明”をポリシーに診療を行う医療法人社団スタデン理事長。審美歯科歴20年以上の経験を有し、審美歯科の症例数は1万症例を超えている。

九段下スターデンタルクリニックの公式HPはこちら